印鑑押印のコツ

印鑑イメージ

印鑑、それは大抵の人が使用したことのあるものだと思います。
はんこを押す、その行為自体はものすごく簡単なことですがしかしその効果は絶大なものとなります。

契約書などに印鑑を押してしまえばそこで契約が成り立ってしまうのです。
そうした印鑑の基本を簡単に記載していきますのでポイントを押さえておきましょう。

印鑑を押す場合気を付けなければならないのが印影の見え方。
ここがはっきり見えていないと例え押していたとしても無効となってしまう場合があります。

ですがはっきりと色を出すために朱肉を大量に付けようとする行為も良くありません。
この場合は色が滲んでしまい印影が見えにくくなってしまうのです。

そのため朱肉に押しつけるというよりはのの字を書くように朱肉に滑らせる方法が確実だと思います。
印影が薄かったり間違えてしまったとしてもその上から再度押すことしてはいけません。
そのような場合はその印影にボールペンで二本の線を引いてその横に再度押印をしなければなりません。

押印した後は印鑑についた朱肉をティッシュなど柔らかい素材のものでキレイにふき取りましょう。
そうしないと残った朱肉が固まってしまい後々大変な思いをしてしまうのです。

そうならないためにもきちんとふき取る癖をつけましょう。
こうすることで印鑑を長持ちさせるとともに次回使用する時にもキレイに使用することができます。
この基本をしっかりと押さえて確実な印鑑を押印するよう心掛けてみてください。

〔大活躍のオフィスグッズご紹介〕

膨大な量の書類も、キータッチ感覚でらくらく捺印できる「クイックスタンパー」。
郵便や名刺、敬弔用まで幅広い用途までお使いいただけます。

スタンプ台不要の浸透式スタンプなら、ハンコヤドットコムの《サンビー館》へ

ページの先頭へ