風水を意識する

印鑑イメージ

印鑑は自分の名前が彫られたはんこです。
この印鑑ですが風水ととてつもない関係があるというのをご存じでしょうか?

私自身あまり風水というのに詳しくないのですが調べてみるとなるほどと思わず頷いてしまうものでした。
風水の世界というのは文字や方角など様々な面から吉凶をみます。
自分の名前が彫られてある印鑑なんかにはまさにどんぴしゃのものとなっているのですね。

昔から欠けた印鑑は良くないと言われています。
これは凶相印といい欠けた部位から良くないことが出るというのです。

例えば印鑑の上部が欠けた場合、そこは名声運の場所に値しますので信用が得られず失敗をしてしまう、といった具合です。
また破損だけでなく汚れも良くないというので印鑑の状態には十分に気をかえた方がいいかもしれませんね。

また名前の字体でも風水に関係してきます。
楷書体の印は自我意識が強くなってしまい人の信頼を得られなくなってしまう、才能が活かしきれずに終わってしまう文字だそうです。
これは大量生産の印鑑によく見られるといいます。

このようにちょっとあげただけでも様々な部分を見ることができるのです。
興味を持った方は調べてみてはいかがでしょうか?

ただしあくまでもこういった類のものは信じる人のみが行いましょう。
無理矢理人に薦めたりするのは止めた方がいいですね。

こうした信仰に近いものを押しつけられるといい気分はしませんから。
ただしこうした風水は知るとクセになるかもしれませんよ。

〔関連オススメ商品のご紹介〕

黒水牛や象牙、柘印鑑にぴったりの牛革ケースが大特価!
黒の牛革ケースに、朱竹柄の内張りが好相性で、高級感漂う印鑑ケースに仕上がっております。

高級牛革印鑑ケースをみてみる

ページの先頭へ