自分に合った、良い印鑑を選ぶ

  • RSS

印鑑が私たちの生活にどれほど大切なものなのかはちょっと考えてみれば分かるかと思います。
私たちが住んでいる日本には印鑑証明制度があり出生や婚姻などの重要な届けには全て印鑑が必要となっています。
また車や家といった高価な買い物の時にも印鑑というのは必要なのです。
それほど私たちの生活に無くてはならないものと言えます。
そうした密接な関係となっている私たちと印鑑なのですがそれを面白い考え方があるのをご存じでしょうか?

印鑑というのは私たち自身の分身であり身代わりになっているという考えです。
重要な時に必要な印鑑ですからこの考えというのはあながち間違っていないのかもしれませんね。
ということは印鑑を粗雑に扱っている場合自らも粗雑に扱ってしまっているということにもなります。
そう考えるとぞっとしますね。
こうしたものを大切にしないとその行いがいつか自分に降りかかってきてしまうかもしれません。

ご年配の方によく印鑑はいいものを作りなさいと言われます。
これはこういった意味合いからもきているのではないでしょうか?
いい印鑑を持つというのは見栄を張るということではないのです。
自らを着飾るというわけではないですがやはり分身となるものは良いものを選ばなければなりませんね。

ただ高いものというわけではなく自分にあった印鑑を選ぶ、これが一番大事だと思います。
みなさんは自らの分身をどのように扱っていますか?
たまにはお手入れをしてあげてはいかがでしょうか?

〔注目のWEB通販サイトご紹介〕
会社設立時に必要な法人印鑑セットが只今キャンペーン価格!
高級感のある黒水牛や、長持ちする玄武、 低価格の薩摩本柘など、選べる印材の種類が豊富です。
【ハンコヤドットコム】はあなたの起業を応援いたします!

このページの先頭へ